山内保氏

 
凡例
山内保氏
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦9年(1759年
死没 享和2年8月13日(1802年9月9日
改名 銀吾(幼名)→深尾重明→山内氏篤
別名 通称:九郎兵衛、掃部
主君 山内豊雍豊策
土佐藩
氏族 深尾家宿毛山内家
父母 父:深尾苞実、養父:山内氏篤
兄弟 男子2人、保氏
正室:山内氏篤娘・房
継室:深尾茂澄
側室:加藤氏娘
氏睦(三男)、氏固(五男)
テンプレートを表示

山内 保氏(やまうち やすうじ)は、江戸時代中期から後期にかけての土佐藩の重臣。8代宿毛領主。

略歴

宝暦9年(1759年)、深尾苞実の三男として高知にて誕生した。

安永2年(1774年)、宿毛7代領主・山内氏篤の婿養子となる。天明6年(1786年)、氏篤の隠居により、家督と知行6800石を相続して宿毛8代領主となる。同年、9代藩主・山内豊雍より奉行職に任じられる。天明8年(1788年)、病により職を辞す。寛政元年(1789年)、幕府諸国巡見使池田政貞を領内に迎える。

享和2年(1802年)、死去。享年44。家督は三男の氏睦が相続した。

系譜

出典