三草藩

三草藩(みくさはん)は、播磨国加東郡周辺を領有した譜代大名一色丹羽氏。藩庁は三草陣屋(兵庫県加東市上三草)。

略史

越後国高柳藩丹羽薫氏元文4年(1739年)大坂定番に任じられ、河内国・播磨国・美作国に所領を移された。さらに延享3年(1746年)河内国の所領を播磨国内に移され、三草に陣屋を構えて三草藩が成立した。

この一色丹羽氏は戦国時代には織田家の家臣だったが、織田信長の著名な重臣であった丹羽長秀の丹羽家とは別家[1]である。先祖の丹羽氏次は信長・信雄に仕えたが、小牧・長久手の戦い以前に徳川家康の下へ奔り、その家臣となった。尾張国岩崎城主から美濃岩村藩主となったが、御家騒動により越後高柳藩へ移封され、その後、三草藩へ移封されて明治維新を迎えた。 一色丹羽氏は高柳藩時代より参勤交代を行わない、定府大名であったが、菩提寺の妙仙寺を三草藩領(兵庫県加東市山国)に移した。

慶応4年(1868年)、戊辰戦争に際し明治政府方に恭順した。明治4年(1871年)、廃藩置県により三草県となった。その後、姫路県・飾磨県を経て兵庫県に編入された。藩主家は明治2年(1869年)に華族に列し明治17年(1884年)に子爵となった。

歴代藩主

丹羽家

譜代 1万石 (1746年 - 1871年)

  1. 薫氏
  2. 氏栄
  3. 氏福
  4. 氏昭
  5. 氏賢
  6. 氏中

幕末の領地

脚注

  1. ^ 同じ尾張国丹羽郡を由来とするが、前者は清和源氏一色氏流、後者は良岑朝臣である。

参考文献

先代
播磨国
行政区の変遷
1746年 - 1971年 (三草藩→三草県)
次代
姫路県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。