三池藩

三池藩(みいけはん)は、筑後国三池郡を領した。藩庁として三池(現在の福岡県大牟田市)に三池陣屋を構えた。藩主家は立花家であり、柳河藩の立花家とは一族であるが、互いに独立した藩であり、同藩は柳河藩の支藩ではない。

略史

立花宗茂の弟・高橋直次慶長19年(1614年)、常陸国筑波郡に5千石を与えられ、旗本となった。その長男・立花種次は元和7年(1621年)、旧領地であった筑後国三池郡に5000石加増の1万石を得て三池に移り、三池藩が立藩した。

第4代藩主・立花貫長の時代である元文3年(1738年)に石炭の採掘が始まり、平成9年(1997年)まで存続した三池炭鉱の礎となった。

第6代藩主・立花種周は大番頭奏者番寺社奉行を経て若年寄まで栄達した。しかし、反松平定信派に属し政争に敗北し、文化2年(1805年)11月に幕府の機密漏洩の罪により罷免され、12月には強制隠居の上、蟄居となった。そのため、種周の跡を継いだ第7代藩主・立花種善は文化3年(1806年)、陸奥国下手渡藩に左遷された。

その後、種善から種温を経て藩主となっていた種恭時代の慶応4年(1868年)9月、再び三池に藩庁を移し、三池藩が再立藩した。

明治2年(1869年)版籍奉還と同時に立花家は華族に列した。同4年(1871年)の廃藩置県で三池県となったのち、三潴県を経て福岡県に編入された。

明治17年(1884年)の華族令で立花家には子爵が叙爵された。

歴代藩主

立花家

外様 1万石 (1621年 - 1806年、1868年 - 1871年)

氏名 官位 在職期間 享年 備考
1 立花種次
たちばな たねつぐ
従五位下
主膳正
元和7年 - 寛永7年
1621年 - 1630年
27 祖父は高橋紹運。父は立花直次
2 立花種長
たちばな たねなが
従五位下
和泉守
寛永7年 - 天和2年
1630年 - 1682年
87
3 立花種明
たちばな たねあきら
従五位下
主膳正
天和2年 - 元禄12年
1682年 - 1699年
56
4 立花貫長
たちばな やすなが
従五位下
出雲守
元禄12年 - 延享4年
1699年 - 1747年
61
5 立花長煕
たちばな ながひろ
従五位下
和泉守
延享4年 - 宝暦12年
1747年 - 1762年
59
6 立花種周
たちばな たねちか
従五位下
出雲守
宝暦12年 - 文化2年
1762年 - 1805年
66 寛政5年(1793年)、若年寄に。
7 立花種善
たちばな たねよし
従五位下
豊前守
文化2年 - 文化3年
1805年 - 1806年
39 文化3年(1806年)に陸奥下手渡藩へ移封。
1806年 - 1868年は幕府領
1 立花種恭
たちばな たねゆき
従二位
出雲守
明治元年 - 明治4年
1868年 - 1871年
70 新政府の命を受け、再立藩。

関連項目

幕末の領地

参考文献

先代
筑後国
行政区の変遷
1868年 - 1871年 (三池藩→三池県)
次代
三潴県
大政奉還から廃藩置県までの間に存在した
慶応3年(1867年)旧暦10月 - 明治4年(1871年)旧暦7月
北海道地方
日本地図
東北地方
関東地方
北陸・甲信地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
関連項目
藩庁の置かれた地域を基準に分類しているが、他の地方に移転している藩もある。順番は『三百藩戊辰戦争事典』による。
明治期の変更: ★=新設、●=廃止、○=移転・改称、▲=任知藩事前に本藩に併合。()内は移転・改称・併合後の藩名。()のないものは県に編入。