ヒジュラ暦

今日(UTC 22)


  • SH 1401年
  • メフル 5日

  • AH 1444年
  • ラビーウ=ル=アウワル 1日

[更新]
Allah logo.svg

イスラム教

教義・信仰

アッラーフ · イスラーム
六信 · 五行
タウヒード · ジハード
モスク · マドラサ
カアバ · ハッジ

指導者

ムハンマド
ハディージャ · アーイシャ
アブー・バクル
ウマル · ウスマーン
アリー · ファーティマ
預言者 · カリフ
イマーム · ウラマー
スルタン

法・規範

クルアーン · シャリーア
スンナ · ハディース

経済・金融

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ

ウンマ · ハワーリジュ派
スンナ派 · シーア派 · イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義

秀逸な記事

ムハンマド・アリー

良質な記事

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
  

ヒジュラ暦(ヒジュラれき、: التقويم الهجريat-taqwīm al-hijrīy: Hijri calendar)またはヒジュラ太陰暦(ヒジュラたいいんれき、: التقويم الهجري القمريat-taqwīm al-hijrīy al-qamrīy: Lunar Hijri calendar)は、主にイスラム教社会で使われている暦法である。イスラム暦(イスラムれき、: التقويم الإسلامي‎、: Islamic calendar, Muslim calendar)とも呼ばれる。

太陰暦[注釈 1]であって、閏月を設ける太陰太陽暦[注釈 2]とは異なる。このため、季節または太陽暦[注釈 3]とのズレを、毎年[注釈 4]約11日ずつ、積み重ねていくこととなる。

紀年法ヒジュラ紀元(ヒジュラきげん)と呼ばれる。ヨーロッパでは、ラテン語: anno Hegirae[注釈 5]を略して、A.H.と表記する。

概要

第2代正統代理人ウマル・イブン・ハッターブが、預言者ムハンマドマッカからマディーナ聖遷(ヒジュラ)したユリウス暦622年を「ヒジュラの年」と定めヒジュラ暦元年とする新たな暦を制定した。なお、ヒジュラがあったとされる正確な日付は同622年7月15日ユリウス通日では1 948 439日)である[1]

以上の「制定」はクルアーンにおける規定に則ったものであり、それは次の通りである。

  1. まず、クルアーン(コーラン)の第9章36節抜粋『本当にアッラーの御許で、(1年の)月数は、12か月である。』[2]を以て、「平年の月数が12暦月である」ということが定められた
  2. 次いで、同37節抜粋『本当に(聖月を)延ばすことは、不信心を増長させ、それで不信者は誤って導かれている。ある年は(聖月を)普通の月とし、(他の年は)聖月とする。』[2]を以て、「閏月の恣意的なタイミングでの挿入によって、聖月を早めたり遅らせたりすること」が禁じられた。すなわち、実質的に「閏年においても、月数を12暦月とすること」が定められた
  3. 上記の2つの規定によって、その制定された暦法は、閏月を置いて季節ないし太陽暦と合わせる太陰太陽暦(日本の旧暦など)とは異なる、太陰暦(純粋太陰暦)となった。

太陰暦は約29.5日である朔望月を基準としているため、月には「29日の小の月」と「30日の大の月」とが存在する(月の大小)。これらがおおむね交互に繰り返され、ちょうど12暦月分そろったところで1暦年ができる。そうしてできた1暦年は約354暦日であるから、毎年[注釈 4]約11日ずつ、季節や太陽暦とズレていく。このように季節を反映しないので、農事暦や財務暦としては不向きで、ルーミー暦(ユリウス暦をベースにした暦)などによって補われることもあった。現代ではイスラーム圏でもグレゴリオ暦が併用されていることが多く、イランアフガニスタンなど、紀元をヒジュラ暦元年に置く太陽暦であるヒジュラ太陽暦(主にイラン暦と呼称される)を併用する地域もある[注釈 6]

グレゴリオ暦 (CE[注釈 7]) とヒジュラ暦 (AH) の簡易換算式は以下の通りである[3]

グレゴリオ暦 (CE) → ヒジュラ暦 (AH)

A H = 33 32 × ( C E 622 ) {\displaystyle AH={\frac {33}{32}}\times (CE-622)}

ヒジュラ暦 (AH) → グレゴリオ暦 (CE)

C E = 622 + 32 33 × A H {\displaystyle CE=622+{\frac {32}{33}}\times AH}

グレゴリオ暦の2000年はヒジュラ暦では1421年に相当する。

サウジアラビアなどヒジュラ暦を公式の暦としている国では特許や著作権など法制度上の有効期限がグレゴリオ暦で数えた場合よりも短くなる。たとえば特許が15年間有効とした場合、グレゴリオ暦のそれよりも特許の有効期限が165日ほど短くなる。

なお、太陰太陽暦の多くが(さく;空の月が最も欠けた状態)を月の初めとするのに対し、ヒジュラ暦は三日月状の細いが最初に見える日を月の初めとする[4]

月名・イスラム教の祭礼

以下に、月名とその意味や略語、および祭礼を示す。片仮名による名称の出典は出典別の月名の一覧として示すが、月名と祭礼の表では、その一部を改変しているものもある。

月名と祭礼
月名 祭礼[5] 聖なる月か[6]
カタカナ アラビア語[7][8][9][10][11] 略語[12][13] 意味[14]
第1月 ムハッラム محرّم‎(Muharram) Muh 戦いを
禁ずる月
10日
アーシューラー
 (フサイン殉教祭)』
該当
第2月 サファル صفر‎(Safar) Saf 戦いで
虚ろな月
第3月 ラビー・アル=アウワル ربيع الأول
(Rabi al-Awwal)
Raw /
Rabi I
春の月 12日
マウリド・アン=ナビー
 (ムハンマド生誕祭)』
第4月 ラビー・アル=アーヒル ربيع الآخر
(Rabi al-Akhir)
Rak /
Rabi II
春の月
ラビー・アッ=サーニー ربيع الثاني
(Rabi al-Thani)
第5月 ジュマーダ・アル=アウワル جمادى الأول
(Jumada al-Awwal)
Jaw /
Jumada I
寒い月
ジュマーダ・アル=ウーラー جمادى الأولى
(Jumada al-Ula)
第6月 ジュマーダ・アル=アーヒラ جمادى الآخر
(Jumada al-Akhira)
Jak /
Jumada II
寒い月
ジュマーダ・アッ=サーニー جمادى الثانية
(Jumada al-Thani)[注釈 8]
第7月 ラジャブ رجب‎(Rajab) Rej 神聖な月 27日から
『イスラー・ワ・ミーラージュ
 (預言者の天国昇天)』
該当
第8月 シャアバーン شعبان
(Sha'ban / Shaaban)
Syb 予言者の月
離散の月
第9月 ラマダーン رمضان‎(Ramadan) Ram 断食の月
暑い月
ラマダーン(断食月)』
第10月 シャウワール(英語版) شوّال‎(Shawwal) Syw 尾の月 1日から
イード・アル=フィトル
第11月 ズー・アル=カアダ ذو القعدة
(Dhu al-Qa'da / Dhu al-Qaada)
Zkh 安住の月 該当
第12月 ズー・アル=ヒッジャ ذو الحجّة
(Dhu al-Hijja)
Zhj 巡礼の月 9日
『ウクーフ
 (巡礼(ハッジ)の中心的行事)』
該当
10日から
イード・アル=アドハー
 (犠牲祭)』
出典別の月名の一覧
出典1[9] 出典2[6] 出典3[15] 出典4[16]
第1月 ムハッラム ムハッラム ムハッラム ムハッラム
第2月 サファル サファル サファル サファル
第3月 ラビーウ・アルアウワル ラビー・アルアッワル ラビーウル=アウワル ラビー・アルアッワル
第4月 ラビーウ・アッサーニー ラビー・アルアーヒル ラビーウッ=サーニー ラビー・アッサーニー
第5月 ジュマーダー・アルウーラー ジュマーダー・アルウーラー ジュマーダル=アウワル ジュマーダ・アルアッワル
第6月 ジュマーダー・アルアーヒラ ジュマーダー・アルウフラー ジュマーダッ=サーニー ジュマーダ・アッサーニー
第7月 ラジャブ ラジャブ ラジャブ ラジャブ
第8月 シャアバーン シャーバーン シャアバーン シャーバーン
第9月 ラマダーン ラマダーン ラマダーン ラマダーン
第10月 シャウワール シャッワール シヤウワール シャッワール
第11月 ズー・アルカアダ ズー・アルカーダ ズル=カイダ ズー・アルカーダ
第12月 ズー・アルヒッジャ ズー・アルヒッジャ ズル=ヒッジャ ズー・アルヒッジャ

1か月の長さと置閏

月と季節の関係は、預言者ムハンマドが断ち切った。そこで行われたのが、調整を禁じることであり、純粋に天体の月に頼ること、そして信頼できる目撃者が夜空に新しいを観測したときに月を始めることであった。

しかし、予測不可能な観測に基づいた暦が天文学には無益であるため、1つの理論モデルが考え出された。それは奇数の月を30日、偶数の月を29日とし、全部で354日とするものである。朔望月は実際は29日と半日よりも少し長いため、このモデルにおける1年は12の月期分に0.36708日分、つまり8時間48分36秒よりもちょっと少ない値分、足りない。それを補うために、年によっては最後の月を29日ではなく30日としている。この追加日は現時点、30年周期で11回、すなわち2, 5, 7, 10, 13, 16, 18, 21, 24, 26, 29年目に置かれている。追加日のお陰で不足分は0.0124日=17分51.36秒までに縮まっているが、イスラムの歴史を通じこれが統一的な習慣になったことはない[16]

追加日の累計回数と閏年の関係

t {\displaystyle t} を「(ヒジュラ暦元年からの)追加日(閏日)の累計回数」とし、 y t {\displaystyle y_{t}} を「追加日が挿入される年」(閏年)とすると、床関数と天井関数を用いることで、以下の数式が成り立つ(オンライン整数列大辞典の数列 A057347)[注釈 9]

y t = 30 t 4 11 = 30 t 14 11 {\displaystyle y_{t}=\left\lfloor {\frac {30t-4}{11}}\right\rfloor =\left\lceil {\frac {30t-14}{11}}\right\rceil }

実際、 t {\displaystyle t} を1から順に11まで増加させると、 y t {\displaystyle y_{t}} の値は上記と同じく、

2, 5, 7, 10, 13, 16, 18, 21, 24, 26, 29

となる。

一方、「ヒジュラ暦での年数」を基に「(ヒジュラ暦元年からの)追加日(閏日)の累計回数」を求めるには、前者を y {\displaystyle y} [注釈 10]、後者を t y {\displaystyle t_{y}} と置いた時、床関数と天井関数を用いた、

t y = 11 y + 14 30 = 11 y 15 30 {\displaystyle t_{y}=\left\lfloor {\frac {11y+14}{30}}\right\rfloor =\left\lceil {\frac {11y-15}{30}}\right\rceil }

という数式を使えばよい[注釈 9][注釈 11]

西暦対応表

以下に、ヒジュラ暦と西暦(グレゴリオ暦)の対応表を示す。

ただし、次の2点に注意すること。

  1. 表内の日付は協定世界時によるため、9時間の時差がある(日本時間は協定世界時に比べて9時間早い)。
  2. ヒジュラ暦において1日は、西暦のように午前0時から始まるのではなく日没から始まる。したがって、表内の日付は正確なものではなく、概ねその前日の日没から始まるものとして考える。地域や宗派などによっては、1日あるいは2日程度の誤差があり得る[5]

540日前-10日前

[キャッシュを破棄]

グレゴリオ暦-ヒジュラ暦間の日付対照表(540日前-10日前)
相対的な日付 グレゴリオ暦 ヒジュラ暦 相対的な日付 グレゴリオ暦 ヒジュラ暦
540日前 2021年4月5日 1442年8月22日 270日前 2021年12月31日 1443年5月26日
530日前 2021年4月15日 1442年9月3日 260日前 2022年1月10日 1443年6月6日
520日前 2021年4月25日 1442年9月13日 250日前 2022年1月20日 1443年6月16日
510日前 2021年5月5日 1442年9月23日 240日前 2022年1月30日 1443年6月26日
500日前 2021年5月15日 1442年10月3日 230日前 2022年2月9日 1443年7月7日
490日前 2021年5月25日 1442年10月13日 220日前 2022年2月19日 1443年7月17日
480日前 2021年6月4日 1442年10月23日 210日前 2022年3月1日 1443年7月27日
470日前 2021年6月14日 1442年11月4日 200日前 2022年3月11日 1443年8月7日
460日前 2021年6月24日 1442年11月14日 190日前 2022年3月21日 1443年8月17日
450日前 2021年7月4日 1442年11月24日 180日前 2022年3月31日 1443年8月27日
440日前 2021年7月14日 1442年12月4日 170日前 2022年4月10日 1443年9月8日
430日前 2021年7月24日 1442年12月14日 160日前 2022年4月20日 1443年9月18日
420日前 2021年8月3日 1442年12月24日 150日前 2022年4月30日 1443年9月28日
410日前 2021年8月13日 1443年1月4日 140日前 2022年5月10日 1443年10月8日
400日前 2021年8月23日 1443年1月14日 130日前 2022年5月20日 1443年10月18日
390日前 2021年9月2日 1443年1月24日 120日前 2022年5月30日 1443年10月28日
380日前 2021年9月12日 1443年2月4日 110日前 2022年6月9日 1443年11月9日
370日前 2021年9月22日 1443年2月14日 100日前 2022年6月19日 1443年11月19日
360日前 2021年10月2日 1443年2月24日 90日前 2022年6月29日 1443年11月29日
350日前 2021年10月12日 1443年3月5日 80日前 2022年7月9日 1443年12月9日
340日前 2021年10月22日 1443年3月15日 70日前 2022年7月19日 1443年12月19日
330日前 2021年11月1日 1443年3月25日 60日前 2022年7月29日 1443年12月29日
320日前 2021年11月11日 1443年4月5日 50日前 2022年8月8日 1444年1月10日
310日前 2021年11月21日 1443年4月15日 40日前 2022年8月18日 1444年1月20日
300日前 2021年12月1日 1443年4月25日 30日前 2022年8月28日 1444年1月30日
290日前 2021年12月11日 1443年5月6日 20日前 2022年9月7日 1444年2月10日
280日前 2021年12月21日 1443年5月16日 10日前 2022年9月17日 1444年2月20日

今日-540日後

[キャッシュを破棄]

グレゴリオ暦-ヒジュラ暦間の日付対照表(今日-540日後)
相対的な日付 グレゴリオ暦 ヒジュラ暦 相対的な日付 グレゴリオ暦 ヒジュラ暦
今日 2022年9月27日 1444年3月1日  —  —  —
10日後 2022年10月7日 1444年3月11日 280日後 2023年7月4日 1444年12月15日
20日後 2022年10月17日 1444年3月21日 290日後 2023年7月14日 1444年12月25日
30日後 2022年10月27日 1444年4月1日 300日後 2023年7月24日 1445年1月6日
40日後 2022年11月6日 1444年4月11日 310日後 2023年8月3日 1445年1月16日
50日後 2022年11月16日 1444年4月21日 320日後 2023年8月13日 1445年1月26日
60日後 2022年11月26日 1444年5月2日 330日後 2023年8月23日 1445年2月6日
70日後 2022年12月6日 1444年5月12日 340日後 2023年9月2日 1445年2月16日
80日後 2022年12月16日 1444年5月22日 350日後 2023年9月12日 1445年2月26日
90日後 2022年12月26日 1444年6月2日 360日後 2023年9月22日 1445年3月7日
100日後 2023年1月5日 1444年6月12日 370日後 2023年10月2日 1445年3月17日
110日後 2023年1月15日 1444年6月22日 380日後 2023年10月12日 1445年3月27日
120日後 2023年1月25日 1444年7月3日 390日後 2023年10月22日 1445年4月7日
130日後 2023年2月4日 1444年7月13日 400日後 2023年11月1日 1445年4月17日
140日後 2023年2月14日 1444年7月23日 410日後 2023年11月11日 1445年4月27日
150日後 2023年2月24日 1444年8月3日 420日後 2023年11月21日 1445年5月8日
160日後 2023年3月6日 1444年8月13日 430日後 2023年12月1日 1445年5月18日
170日後 2023年3月16日 1444年8月23日 440日後 2023年12月11日 1445年5月28日
180日後 2023年3月26日 1444年9月4日 450日後 2023年12月21日 1445年6月8日
190日後 2023年4月5日 1444年9月14日 460日後 2023年12月31日 1445年6月18日
200日後 2023年4月15日 1444年9月24日 470日後 2024年1月10日 1445年6月28日
210日後 2023年4月25日 1444年10月4日 480日後 2024年1月20日 1445年7月9日
220日後 2023年5月5日 1444年10月14日 490日後 2024年1月30日 1445年7月19日
230日後 2023年5月15日 1444年10月24日 500日後 2024年2月9日 1445年7月29日
240日後 2023年5月25日 1444年11月5日 510日後 2024年2月19日 1445年8月9日
250日後 2023年6月4日 1444年11月15日 520日後 2024年2月29日 1445年8月19日
260日後 2023年6月14日 1444年11月25日 530日後 2024年3月10日 1445年8月29日
270日後 2023年6月24日 1444年12月5日 540日後 2024年3月20日 1445年9月10日

曜日名

ヒジュラ暦での曜日名は専らアラビア語による[5][17][注釈 12]

ヒジュラ暦の曜日の名称
日本語 原義 アラビア語 翻字
ラテン文字 カタカナ
土曜日 シャバト[注釈 13] السبت al-Sabt アッ=サブト
日曜日 الأحد al-Ahad アル=アハド
月曜日 الاثنين al-Ithnayn アル=イスナイン
火曜日 الثلاثاء al-Thalatha' アッ=サラーサー
水曜日 الأربعاء al-Arba'a' アル=アルバアー
木曜日 الخميس al-Khamis アル=ハミース
金曜日 集まる[注釈 14] الجمعة al-Jum'a アル=ジュムア

古典アラビア語での日付の数え方

古典アラビア語では、現代のものとは異なる、別の日付の数え方も存在した[16]。それは以下の通りである。

  1. 月の初日が(日中において)「一晩が過ぎ去った」と表される。
  2. 同様に、14日まで「何晩過ぎ去った」という形で続く。
  3. 15日は「真ん中」と呼ばれる。
  4. 16日以降は、「14晩残っている」のように、数が減らされながら呼ばれる。

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 月の満ち欠けのみに基づく暦法。
  2. ^ 月の満ち欠けに基づきつつも、閏月によって季節とも合わせる暦法。
  3. ^ 季節のみに基づく暦法。
  4. ^ a b ここでの「毎年」は、「太陰暦たるヒジュラ暦」と「太陽暦(例えば世界的に使われているグレゴリオ暦など)」のどちらを基準とするのかを問わない。具体的には、「ヒジュラ暦上の特定の日付(月と日)を太陽暦上の日付に変換する場合に、ヒジュラ暦基準で1年経過するごとに、太陽暦の日付が約11日ずつ遅れていくように見えること」と、その逆としての「太陽暦上の日付をヒジュラ暦上の特定の日付に変換する場合に、太陽暦基準で1年経過するごとに、ヒジュラ暦の日付が約11日ずつ進んでいくように見えること」の両方を意味する。
  5. ^ 直訳すると「聖遷の年」である。
  6. ^ 上記のようにクルアーンで純粋太陰暦の使用が決められているため、純粋太陰暦たるヒジュラ暦の使用はイスラム教徒にとって必須となる。しかしながら、1日5回の礼拝のタイミングは、地域によっては季節に左右され得るので、そのタイミングの推測には、季節を基準とする太陽暦も必要になると思われる。
  7. ^ Common Era(共通紀元)の略。西暦#中立的な表現を参照。
  8. ^ アラビア文字の方について「Jumādā ath-Thāniya」(出典のDansk Egyptisk Selskab参照)と転写されうる語であり、ラテン文字化・カタカナ化された月名とは発音が若干、異なっている。
  9. ^ a b 右端の式は、「Graham, Knuth, & Patashnik, Ex. 3.12」により、そのすぐ左側にある式を変形したもの。
  10. ^ その年の最終日が到来していない時は前年の年数で考える。
  11. ^ 便宜上、この注釈では、前述の y t {\displaystyle y_{t}} f ( t ) {\displaystyle f(t)} に、 t y {\displaystyle t_{y}} g ( y ) {\displaystyle g(y)} に置き換える。また、任意の非負整数を x {\displaystyle x} とする。この時、 g ( x ) {\displaystyle g(x)} f ( x ) {\displaystyle f(x)} の逆関数であるためには、 f ( x + 11 ) = f ( x ) + 30 {\displaystyle f(x+11)=f(x)+30} g ( x + 30 ) = g ( x ) + 11 {\displaystyle g(x+30)=g(x)+11} という周期性を考えれば g ( f ( x + 11 ) ) = g ( f ( x ) ) + 11 {\displaystyle g(f(x+11))=g(f(x))+11} が成り立つので、整数 n {\displaystyle n} が1~10の時に g ( f ( n ) ) = n {\displaystyle g(f(n))=n} が成り立てばよい。 g ( y ) {\displaystyle g(y)} (つまり、 t y {\displaystyle t_{y}} )の式では、それが成り立つ。
  12. ^ 表内の通りでも良いし、それらの前に「日」を意味する「يوم‎」(ヤウム、Yawm)を付けても良い。
  13. ^ ユダヤ教安息日
  14. ^ イスラームにおいて金曜日は、モスクに「集まっ」て、合同礼拝する日である。

出典

  1. ^ 渡邊敏夫 『暦入門―暦のすべて』(初版)雄山閣出版、東京都、1994年4月、76頁。ISBN 978-4639012191。 
  2. ^ a b “第9章悔悟章 34-92”. 2021年8月18日閲覧。
  3. ^ ハワード・R・ターナー「図説科学で読むイスラム文化」
  4. ^ “暦Wiki/イスラム暦 - 国立天文台暦計算室”. 2018年10月18日閲覧。
  5. ^ a b c “ヒジュラ(イスラーム)暦・西暦換算表 - ジェトロ・アジア経済研究所”. 2020年4月13日閲覧。
  6. ^ a b 佐藤次高 著、岡田芳朗 編 『暦の大事典』朝倉書店、2014年、160頁。ISBN 978-4-254-10237-6。 
  7. ^ “date converter”. 2020年6月5日閲覧。
  8. ^ “Kalender / Dansk Egyptisk Selskab”. 2020年6月5日閲覧。
  9. ^ a b “ヒジュラ暦から西暦変換”. 2020年6月5日閲覧。
  10. ^ “Islamic Months”. 2020年6月5日閲覧。
  11. ^ “The Umm al-Qura Calendar of Saudi Arabia - converter”. 2020年6月5日閲覧。
  12. ^ “ヒジュラ(イスラーム)暦・西暦換算表 - ジェトロ・アジア経済研究所”. 2020年6月5日閲覧。
  13. ^ “Islamic calendarの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク”. 2020年6月5日閲覧。
  14. ^ “こよみのページ”. 2020年6月5日閲覧。
  15. ^ “7. イスラム暦について☆”. 2019年1月15日閲覧。
  16. ^ a b c Leofranc Holford-Strevens 著、正宗聡 訳 『暦と時間の歴史』丸善出版株式会社、2013年、141, 142頁。ISBN 978-4-621-08709-1。 
  17. ^ “フスハー(正則語) 文法 曜日,月:解説”. 2019年10月28日閲覧。

外部リンク

ポータル イスラーム
プロジェクト 紀年法
  • When.exe Ruby版 - 古今東西あらゆる文化および言語で用いられた暦日・暦法・時法・暦年代・暦注などにユニークな名前付けを行い、統一的に扱うことを目的としたフレームワーク。イスラーム暦(30年周期)を含む相互換算にも対応。
  • ヒジュラ暦と西暦の対応カレンダー
  • 新月観測委員会(Ruyat-e-Hilal Committee Japan) - 日本におけるヒジュラ暦の日付を発表している。
  • date converter Hijri
  • 『ヒジュラ暦』 - コトバンク
  • 『イスラム暦』 - コトバンク
物理的特徴
満月
軌道
月面
月科学
探査
暦法
文化・伝承
その他
  • カテゴリ カテゴリ
  • コモンズ コモンズ
  • ポータル Portal
  • ウィキプロジェクト Project
  • ウィキデータ ウィキデータ (Reasonatorで見る)
広範使用・暦法
地域使用
限定使用
歴史的暦
  • ルミ暦(英語版)
表示
主要概念
単位と規格
クロノメトリー(英語版)
単位系
時計
編年 ・ 歴史
宗教 ・ 神話
哲学
  • A系列とB系列(英語版)
  • 時間のB理論(英語版)
  • 因果性
  • 持続
  • 全体主義(英語版)
  • 永劫回帰
  • 永遠主義(英語版)
  • 事象(英語版)
  • 部分主義(英語版)
  • 現在主義(英語版)
  • 時間的有限論(英語版)
  • 時間的部分(英語版)
  • 時間の非実在証明(英語版)
人間の経験と
時間の利用
  • 会計期間
  • 時間学(英語版)
  • 会計年度
  • 世代時間(英語版)
  • 心的時間測定(英語版)
  • 先延ばし
  • 時間厳守
  • 時制データベース(英語版)
  • 期間
  • 時間規律(英語版)
  • 時間管理(英語版)
  • 時間知覚
  • 見かけの現在(英語版)
  • 時間記録ソフトウェア(英語版)
  • 生活時間統計(英語版)
  • 時間通貨(英語版)
  • お金の時間的価値(英語版)
  • タイムレコーダー
  • 勤務時間表(英語版)
  • 昨日
分野別の時間
地質学
物理学
その他の分野
関連項目
  • カテゴリカテゴリ
  • 曖昧さ回避ページ曖昧さ回避
主要項目
MontreGousset001.jpg
時代紀元
暦法
天文学
地質学
  • 地球カレンダー
  • 地質学的時間(英語版)
  • 地史(英語版)
  • 地質学的時間単位(英語版)
    年代測定の定義: GSSA
  • GSSP
    年代層序(英語版)
  • 絶対年代
  • 同位体地球化学(英語版)
  • 地層累重の法則
  • 光学年代測定(英語版)
  • サマリウム/ネオジウム年代測定(英語版)
考古学
遺伝子
関連記事
国際規格
過去の規格
物理学
時計学
考古学と地質学
  • 地質時代
  • 考古学における年代測定(英語版)
  • 国際層序委員会(英語版)
天文年代学(英語版)
時間の単位
関連記事
典拠管理 ウィキデータを編集
  • BNF: cb119745866 (データ)
  • GND: 4332685-7
  • LNB: 000322681
  • NKC: ph166090
  • SUDOC: 027775658