イタリアの政党

イタリアの政党(イタリアのせいとう/イタリア語: Partiti politici italiani)は、イタリア共和国の活動している政党または政党連合、およびかつて存在した政党である。

経緯

イタリアの政党体制は第二次大戦後、中道勢力のキリスト教民主党(DC)と左派のイタリア共産党(PCI)を主軸に大小様々な政党が乱立し、安定性を欠いていた。しかし冷戦終結後、大規模な構造的汚職事件の摘発で戦後一貫して政権与党の座にあったDCが壊滅的打撃をこうむり、西側最大の共産党といわれたPCIもソ連・東欧諸国の社会主義体制崩壊で共産主義を放棄して社会民主主義を掲げる左翼民主党(PDS)に衣替えするなど政党体制の再編が始まった。1994年の総選挙から選挙制度がそれまでの比例代表を主体とする制度から小選挙区を主体とする制度(並立制)に改められ、選挙の結果、イタリア有数の実業家であったベルルスコーニが選挙直前に結成した「フォルツァ・イタリア」を主体とする右派連合が勝利を収めた。その後、旧DC左派のロマーノ・プロディを中心とする中道勢力とPDSを主軸とする政党連合「オリーブの木」が1996年4月の総選挙で僅差で勝利を収め、戦後初めて旧共産党を主体とする勢力が与党の座についた。

活動中の政党

主要政党

政党 設立年 下院議席 上院議席 欧州議会議席
同盟 2017
133 / 630
60 / 315
24 / 76
五つ星運動 2009
105 / 630
61 / 315
5 / 76
民主党 2007
97 / 630
40 / 315
14 / 76
フォルツァ・イタリア 2013
83 / 630
49 / 315
10 / 76
未来に向けて共に 2022
51 / 630
10 / 315
2 / 76
イタリアの同胞 2012
37 / 630
21 / 315
8 / 76

かつて存在した主な政党

外部リンク

  • イタリア[議会と政党]リンク集(やそだ[EU&イタリア]総研 - ウェイバックマシン(2004年5月5日アーカイブ分))
  • イタリア議会会派別議席数
    • Composizione dei gruppi parlamentari(代議院)
    • Dove siedono i Senatori(元老院)
いずれのサイトは2010年1月11日閲覧
Italy-Emblem.svg イタリア共和国議会の政党 イタリアの旗
政党連合
右派
  • チェントロ・デストラ(中道右派連合)(イタリア語版)
左派
  • チェントロ・シニストラ(中道左派連合)(イタリア語版)
Palazzo Madama - Roma.jpg
元老院(上院)
Roma-montecitorio01.jpg
代議院(下院)
主要政党
右派
中道
左派
小規模政党
右派
  • 私達とイタリア(英語版)(NcI)
  • 変化を!(Cambiamo!)(イタリア語版)
  • 南米移民連合(USEI)(イタリア語版)
中道
  • 10倍の向上(英語版)(10VM)
  • 在外イタリア人協力運動(イタリア語版)(MAIE)
左派
  • 自由と平等 (LeU)(英語版)
  • イタリア社会党(PSI)
  • 左翼党(La Sinistra)(英語版)
  • よりヨーロッパへ (+E)(英語版)
  • 南チロル人民党及びトレント自治運動(英語版)(SVP-PATT)
  • 自治の為に(英語版)(Aut)
  • *現時点で共和国議会(下院・上院)及び欧州議会に議席を保有しない政党を除く
歴史
年代
テーマ別
  • 市民権
  • 経済
  • ファッション
  • 地域区分
  • 言語
  • 音楽
  • 郵政
  • 鉄道
  • ワイン
地理
地域
テーマ別
政治
経済
社会
文化
時代別
  • 14世紀
  • 15世紀
  • 16世紀
  • 17世紀
  • 18世紀
主要項目
ヨーロッパ政党(関連カテゴリ:各国の政党)
西ヨーロッパ
東ヨーロッパ
南ヨーロッパ
北ヨーロッパ
その他
  • 沿ドニエストル共和国
  • コソボ
自治領等
  • アゾレス諸島
  • オーランド諸島
  • ガーンジー
  • ジブラルタル
  • ジャージー
  • スヴァールバル諸島
  • フェロー諸島
  • マン島
  • ヤンマイエン島

各列内は五十音順。
バチカンは国際連合非加盟。
「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧独立主張のある地域一覧も参照。